情報商材レビュー【株式会社Belleのライフオンマネー】

LIFEonMONEY | 注意しなければならない詐欺の危険性は?

テレワークは双方に利点がある

time 2021/07/09

テレワークを導入する企業が増えてきているわけですが当然ながら導入する利点があるからこそということになります。

企業としてはどうしてもその社内にいなければできないような仕事というのはともかくとして、従業員が自宅でテレワークによって仕事が可能であるのであればそちらの方が企業も管理をする手間等がかなり削減できます。

他にもテレワークによって得られることは色々とありますが、一つとしては通勤しなくてもよいということがあります。
これは労働者側の利点といえるわけですが、どうしても通勤にそれなりの時間をかけている労働者というのは多いです。

片道1時間弱でも往復で2時間弱かかってしまうわけで一日が24時間とするとその占められている時間というのは結構な割合であるということが分かるでしょう。
当然交通費などは出るでしょうから費用的な負担においては労働者側としてはないことの方が圧倒的に多いですが、時間の負担というのはやはり労働者側にかなり大きくのしかかってくることになります。

ですが、しっかりと自宅での仕事ができるということになるわけですから、人生の時間を有意義により多く使うことができるようになるわけです。
まだテレワークも最近ではかなりシステム的に見てやりやすくなってきています。会議室をテレビ会議システムでつなげたりするとか、映像を送り合うということが比較的容易にできるようになってきたのでラグなども発生しにくくなってきています。

擬似的な会議室ですから人をダイレクトに会議室に集める必要性がなく、これらに係る人件費とか施設に関する費用というのも削減できることが期待できます。まさにテレワークとは時間や場所に縛られない働き方というのができるようになります。
企業としては、そういう働き方も選択肢として労働者に認められるということができたりするので多方面における人材確保というのが可能になります。

就労意欲があって、その上で優秀な人材であったとしても様々な事情で通勤などができないというような人もいるわけですがテレワークであればそういう事情の人達にも働いてもらうことができるようになるわけです。

働き方が全てテレワークでなければならないというわけではなく、ある程度の選択制とかあるいは職種によって帰ると言ったような柔軟な対応が求められますが企業側、労働者側双方にそれなりにメリットがお互いにあるのです。
すべての職種で導入するべき、とはいえないでしょうが、検討する価値はあるでしょう。